大阪で評判の良い美容外科を徹底比較 大阪美容外科整形比較サイト

美容整形の基礎知識 術後のアフターケアについて

美容外科で美容整形を受けた後で、どの程度の期間どのようなアフターケアをしなければならないのか、気になっている人は多いでしょう。ここでは、これから美容整形を考えている方にアフターケアについてご紹介します。

アフターケアはすべての整形手術で必要?

アフターケアはすべての整形手術で必要?
アフターケアが必要ない簡単な施術もあります。
大阪の美容外科で受けられる施術は様々です。例えば目もとの施術だけでも、二重まぶたをつくるための埋没法二重整形、切開法二重整形、まぶたの脂肪除去、目頭切開、目尻切開などいろいろとあります。どういった施術を受けるかによってアフターケアが必要か必要でないかは変わってきます。埋没法による二重整形の場合、アフターケアは特に必要ありません。しかし、目頭切開や切開法により二重整形、脂肪除去の施術の場合、術後はしばらくガーゼを当てて患部を保護したり、術後1週間ほどで抜糸を行います。また、二重整形に限らず、美容外科での施術では麻酔や切開を行うことがあるため、そういった施術の場合にはきちんとアフターケアを行う必要があります。

アフターケアが必要な時間は?

アフターケアが必要な時間は?
アフターケアが全く必要ないものから数ヶ月必要なものまで
アフターケアとは、美容整形手術で縫合した糸を抜糸したり、患部を消毒したり固定したり、患部の再修正を行うことを指しています。ですから、基本的には切開や縫合を伴う施術を受けた場合には、抜糸をして患部の状態が落ち着くまではアフターケアが必要です。美容外科で行われる美容整形の中でも特に大きな施術である脂肪吸引の場合では、体全体がむくむことがあるため、マッサージやトリートメントを受ける必要があります。また、身体のケアの他にも、美容整形の後には、精神的に不安定になる方も多いため、クリニックによってはメンタル面でのケアを行っていることもあります。こういったアフターケアが必要な期間は、施術の大きさや身体の状態によって変わってくるため、一概にはいえません。

アフターケアって具体的にどうやるの?

アフターケアって具体的にどうやるの?
施術後には適切なアフターケアを行いましょう
アフターケアには、クリニックで受けるものと自宅で行うものがあります。美容整形手術を受けた後には、肌や身体に負担がかかっています。特に、豊胸手術や脂肪吸引、切開法による二重まぶた施術、プロテーゼ挿入方法による隆鼻術など、皮膚を切開して行う施術を受けた後には、患部や体全体の回復のためにケアが必要です。また、美肌治療やエイジングケアのためのレーザー治療を受けた後も、患部の皮膚は一時的にほてりや赤みを帯びることがあります。そういった場合には、処方された塗り薬を塗ったり、紫外線対策を万全にしてケアをする必要があります。アフターケアをしっかり行わないと、せっかくの施術の効果が十分に出なかったり、施術による炎症や痛みを生じさせてしまうことにも繋がります。

クリニックでもフォローしてくれる?

クリニックでもフォローしてくれる?
もちろんクリニックでもアフターケアが受けられます
美容外科では、美容整形を行った後のアフターケアも行っています。クリニックによってどのようなケアをするかは異なりますが、手術の大きさが大きければ大きいほど万全なケアが受けられるようになっていることがほとんどです。施術の後に、数日間入院して術後の経過を見る場合もあります。脂肪吸引や豊胸手術など、全身麻酔を用いる施術をした際などは特にそうです。大阪の美容外科で施術を受けたい場合には、どのようなアフターケアを行ってくれるのかもチェックするといいでしょう。また、クリニックによってアフターケアにかかる料金が別途でかかるところと、手術代にすべて含まれているところがあります。