大阪で評判の良い美容外科を徹底比較 大阪美容外科整形比較サイト

美容整形 Q&A 美容整形外科について

「美容整形」と「プチ整形」の違いは?
美容整形とプチ整形の大きな違いは、「メスを使うか使わないか」というところにあります。プチ整形では、メスを使用しません。プチ整形の代表といわれるものには、二重手術やヒアルロン酸注入などがあります。プチ整形の二重手術は、埋没法といわれるもので、特殊な糸を使って二重ラインを形成します。また、ヒアルロン酸注入は注射器を使用して皮膚の中に成分を注入します。ヒアルロン酸は、豊胸や隆鼻術や、しわ取りなどに用いられます。メスを使用しないので、痛みが少なく手術にかかる時間も短いです。さらに、腫れも少ないので、ダウンタイムをほとんど要さず、比較的すぐに日常生活を取り戻すことができるのです。
美容整形は保険はききませんか?
美容整形は、機能的な支障によって行うものではなく、精神的な負担を軽減するために行うものです。機能的には何の異常もない健康的な部分の治療のため、健康保険は適用されないのです。しかし、全ての手術で保険が適用されないというわけではありません、一部保険が適用される場合があります。その一例に、「ワキガ手術」があります。全ての手術法で適用されるわけではないので、注意が必要ですが、保険が適用される手術法も存在します。また、逆睫毛などの症状が発生する場合は、「目頭切開」の手術も保険が適用される場合があります。まずは、一度美容外科に相談してみましょう。
未成年なのですが、両親の同意があれば整形できますか?
美容整形は、未成年でも手術を受けることが可能です。しかし、20歳以下の未成年の場合は、保護者の同意書が必要となる場合が多いです。また、中にはカウンセリング時に保護者の同伴が必要というところもあります。さらに、カウンセリングだけであれば同意書が必要ないというところもあります。手術を受ける美容外科によって条件が異なるので、大阪で美容整形をしたいと考えている未成年の方は、メールや電話で美容外科に相談をしてみると良いでしょう。大阪近郊には、数多くの美容外科があるので、手術も受けやすいでしょう。
美容整形の施術は、生理中でも受けられる?
生理中でも、美容整形手術を受けることは可能です。二重手術でも、隆鼻手術でも、生理中だからといって仕上がりに大きな影響を与えることはありません。ですから、生理日と手術日が重なっても日程をずらす必要はないでしょう。しかし、小陰唇縮小手術、クリトリス包茎手術など女性器の手術をする場合は、なるべく生理日を避けて手術をした方が良いです。また、生理によって、体調が優れないという場合も無理をしないでください。不安を抱えたまま手術を受けても、不安がしこりとなって仕上がりに満足できない場合があります。まずは、美容外科に相談をしてみましょう。
手術結果に満足できなかった場合、他の美容外科に行った方がいい?
まずは、美容整形を受ける前に保障制度があるのか確認しましょう。保障があれば、同じ美容外科にまず相談してください。美容整形は、病気を治す治療ではありません。よって、成功・失敗が明確に分かりにくいのです。二重整形の場合なら、自分が理想としていた二重のラインと、実際に仕上がった二重のラインが違うということもあるでしょう。事前にきちんとどういった二重ラインを希望しているのか伝えることが大切ですが、納得できない仕上がりになってしまった場合は、まず美容外科に相談をしてみましょう。それでも納得できなかった場合は、他の美容外科に相談してみても良いでしょう。大阪近郊には、様々なクリニックがあり相談しやすいです。